メーカー製?BTO?パソコンの色々な買い方について

パソコンの買い方色々

使っているパソコンに不具合が多くなり、動作も何だか遅いような。パソコン買換えを考えるのはそんな時ですよね。さて、そんな時、あなたはどうしますか?電器店、あるいは通販でメーカー製パソコンを買うのが最も手軽で一般的ですが、他にもパソコンを入手する方法があります。その方法についてお伝えしたいと思います。まずは上記の通り、メーカー製PCを買う方法。そして、BTOパソコンを注文する方法、それから自作する方法があります。

好みのパーツを選んで注文?!

メーカー製パソコンの良い点は、ワープロソフトや動画ソフトなどがインストールされているものが多く、すぐに便利に使えることです。困った時のヘルプ窓口も開設されています。但し、それなりの値段で、パーツ構成は選べません。より安く、そしてより自分好みのパーツを使ったパソコンが欲しい場合は、「BTOパソコン」を発注してみてはいかがでしょうか。BTOとは受注生産という意味で、CPUやメモリ、ストレージドライブなどを自分の好みに合わせて選び、注文できるパソコンのことです。

自作する方法もありますよ

BTOパソコンも物足りない方には、パソコンを自作するという手もあります。やり方は、PCケース、マザーボード、電源、CPU等々、全て自分の好きなパーツを選んで組み立てるだけ。現在は各パーツも組み立てやすく、簡単に壊れたりはしないので、是非お試しを。1から組み立てるのが不安な方は、ベアボーンキットといって、ケース・電源・マザーボードが組み込まれた半完成キットを利用すると便利です。なお、パーツ同士の相性問題の解決や、組み立て後のOSインストールや各種設定は自分で行うことになります。事前にしっかり確認の上、挑戦してみてくださいね。

中古パソコンは、一度誰かの手に渡り、使用されたパソコンのことを指します。こういったパソコンは定価よりも安く買い求めることが可能です。